教育を幅広くとらえてみよう!

個別指導を行う塾が増えています

以前であれば塾での指導方針は集団指導が中心でしたが、最近では個別指導も大きな割合を占めています。
しかも集団指導から個別指導専用に切り替えてる塾も存在します。
その為に以前であれば塾に馴染めない内向的なタイプの生徒も、今後は安心して塾に通う事ができます。
もちろん個別指導であれば家庭教師というスタイルも取れますが、指導場所が自宅である為に生徒のモチベーションがあまり高まらない点が問題です。
特に生徒の部屋の中では回りからの規制度が低く、生徒と講師の間柄が友達間隔になっていまう事も起こります。
その点においては塾内での個別指導であれば、自宅から離れて一定の緊張感を保つ事ができます。
また担当講師以外にも他の生徒や塾の責任者とも接する事ができますので、良い意味での刺激を得る事が可能です。
その結果として学習の意欲も向上する可能性が大きいです。
それに加えて個別指導であれば各人の学習状況に合わせて対応ができますので、効果的な指導を行う事ができます。
従って学習の進行状況によっては、苦手分野に十分な時間を取る事も可能になります。
このような柔軟性のある指導スタイルの結果、生徒の成績も向上する場合も増えています。
そこで塾の中には補習だけでなく、難関校の進学を目指す生徒にも個別指導を実施しています。
ただし集団指導が合ってる生徒もいますので、一方に偏るのではなく各生徒の適性や性格に応じてどちらかを選べる体制が理想的です。
その上に学習レベル別に指導方法を分けている塾の方が、概して入塾後の効果が高いです。
さらに模擬試験や小テスト等を定期的に実施している塾であれば、一段と通う価値が高まります。
やはり指導がどんなに素晴らしくても実際の力試しを行う機会が少なければ、生徒の学習意欲は再び低下する場合が多いです。
しかしその時にテストがあれば、目標を持てますので意欲を維持するきっかけに繋がります。
それと同時に長所短所を明確に知る事もできます。